日本一周 佐賀 吉野ヶ里歴史公園で弥生時代の生活を見る

Zackey98です

福岡はすっかり暑くなって
日中25度以上にもなるので
半袖じゃないといられません

それに伴って出てくるのが虫です

ハエやクモを見かけることが
明らかに増えてるんですけど
それくらいはどうでもよくて
怖いのがゴキブリですね

僕は青森出身で今までの人生で
極小の奴を2回しか見たことが無いので
家の中に出てきたら恐怖です

虫除けスプレーはありますが
忌避剤とかも買っておいた方が
良いんでしょうかねー

吉野ヶ里歴史公園

日本一周で長崎県の先の方へ
行ってなかったので訪ねてきました

ということで便宜上
タイトルに日本一周と付けてます

その道中にある佐賀県の吉野ヶ里遺跡へ

入場門はやたらスタイリッシュ

青森の三内丸山遺跡もですが
なんで古代の遺跡なのに
入り口を最新っぽい雰囲気に
改修するんですかね

入るといきなりこんなん

縄文時代は比較的
平和だったっぽいですが
弥生時代になって
集落の人口が増えてくると
戦争が起きるようになります

大昔から人間は愚かです

これはレプリカですが
こんな感じで頭蓋骨が無かったり
腹の部分に矢が刺さっていたり
骨に刀傷があったりしたよう

弥生時代はこういう感じの
土の瓶を2つ合わせてその中に
遺体を入れて葬っていたそうです

出土品の展示スペースはそんなに
広くなくてメインはこっち

当時の集落を再現した場所です

防壁や櫓や堀のようなものが
見られることから戦があったのが分かります

お客さんがほぼいなくて
当時っぽい格好をしたスタッフの人やら
ボランティアガイドが暇そうにしてました

竪穴式住居です

思ったよりも造りが複雑で
結構強度がありそうでした

でも冬はかなり冷えそうですね

そして戦やら稲作やら
大規模なイベントが起きるので
自然に指導者が生まれ身分が出来ます

偉い人は大きな建物にいると
昔から相場が決まってます

こんな感じで会議してたんですかね

巫女が占いで色々決めてたようです

この辺りを見てる時に
近くに学者さんらしき人がいて
お連れさんに説明しているのが
耳に入ってきたのですが

正直この辺のことはよく分からんらしく
この人のモデルは卑弥呼なんですか?
と聞かれるとお茶を濁すそうです

もしかしたらこの大きな建物も
高床になっていますし
ただの穀物庫だったかもしれません

ということで吉野ヶ里遺跡
敷地がかなり広くて結構歩きましたが
無料のシャトルバスも走ってます

時間合わなくて乗れませんでしたけど

でも正直見どころは
そこまで多くないですね

大昔の遺跡ゆえに
形で残ってる物が少ないので
展示物もほとんどレプリカですし

予算不足で掘れていない場所も
多いらしいので
今後の大発見に期待します

興味ある方は1度行ってみては

今日はこんな感じで

ではまた!!

場所

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:国内旅行

タイトルとURLをコピーしました