侵食で出来た芸術 耶馬渓と五百羅漢のある羅漢寺

Zackey98です

九州の大雨で気温下がってましたが
またじわじわ上がってきました

扇風機で凌げそうな気もするものの
やっぱり弱冷房でも付けないと
湿度も高くて不快指数高いですね

耶馬渓と羅漢寺

ちょっと小旅行で景勝地へ

耶馬渓(やばけい)

大昔に火山活動で出来た台地が
川の浸食等で削れた景色

右下の像は後述する羅漢寺の禅海和尚

参拝客の安全のためノミとツチで
右側の断崖にトンネルを掘った偉い人

青の洞門と呼ばれ耶馬渓とセットです

川に降りると遊歩道が整備されており
自然水族館と称して魚が色々見えました

対岸はのどかな風景

きれいな無料駐車場と茶屋もあり
ゆっくり出来るスポットですね

ここは本耶馬渓だそうですが
場所によって
裏耶馬溪
深耶馬渓
奥耶馬溪
とか色々あるみたい

そしてちょい南にある羅漢寺

禅海和尚のとこです

今は安全に車で来れます

境内撮影禁止だったので
最初の門までしか写真ありません

googleマップのクチコミ見ると
普通に撮ってる人いるので
興味ある方はそちらでどうぞ

お寺は侵食された崖の中腹にあり
歩きかリフトで登ります

いわゆる山寺の様相です

僕は歩きで登りましたが
距離はそこまで無いものの
かなり急で足元も滑るので危険

健脚で無いと登れません

登った先ではえぐれた崖の中に
木造のお寺が建てられていて
たくさんのお地蔵さんと五百羅漢像

本堂は洞窟と繋がっており
観覧料を300円納めて
頭に気を付けながら上へ登ると絶景

写真撮れなかったのが残念ですが
かなり見応えありました

例によってほとんど人いませんでしたが
風景好きならオススメです

良い場所でした

今日はこんな感じで

ではまたー

場所

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知

タイトルとURLをコピーしました