日本一周 長崎 隠れキリシタンの里にある出津教会

Zackey98ですー

しばらく健康診断を受けておらず
受ける機会があったので
受けに行って異常無かったのですが

その際にPCR検査も一緒にやってくれて
こちらも陰性ということでした

割と気を付けてる方なので
大丈夫だろうとは思ってましたが
無症状ということもありますし
結果として見られて安心しました

引き続き頑張りましょう

出津教会

長崎旅行2泊目は道の駅で車上泊をし
起床後に近くにあった
出津(しつ)教会へ

シンプルで清楚な造り

長崎はその土地柄
海外との交流が多く
キリスト教の宣教師が
入ってきて信者達がいました

しかし御存知の通り日本は一時期
様々な理由から禁教令を出しており

時代によっては弾圧していたので
隠れてキリスト教を信仰する
隠れキリシタンという存在が多くいました

日本の禁教令は世界的に見ても
かなり厳しいものだったようで
それに関連したものが現在
世界遺産となっています

学校で習った踏み絵とかも
その一部ですよね

やがて宗教の自由という流れになり
明治の初期に隠れキリシタンが
多く潜伏していた出津集落に
この教会が建てられます

フランス人司祭のド・ロ神父という
立派な方が自身の私財を投げ売って
設計し建てたものだそうです

しかし面白いことにというかなんというか
禁教令が解かれてもキリスト教に回帰せず
表向きは神道や仏教の体裁を保ったまま
プラスしてキリスト教を信仰する
独自の宗教を築いた人達もいるとか

いきなりキリスト教もオッケーになったから
先祖の位牌捨てろとか寺の墓壊せとか
普通の感覚だったら無理ですもんね

やっぱり日本人は一神教では無く
色んな物に神様が宿ってる
っていうのが合ってるんですかね

あとは教義にも違う部分があって

最初の人間であるアダムとイヴが
神様の言いつけを破って
禁断の果実であるリンゴを食べた
という罪がきっかけで
人間は色々な試練を課せられる
“原罪”という超有名な話がありますね

それが人間のストーリーに
広く関連してくるキリスト教の
根幹の一つなわけなんですけど

隠れキリシタンバージョンには
アダムとイヴはリンゴを食べたことを謝って
神様に許されちゃう
という聖書が数ページで
終わっちゃいそうなものもあるそうです

なぜハッピーエンドにした

ちょっと中を覗いてみると
シスター達が朝のお勤めをしてました

カトリック教会にしてはかなり質素ですね

教会って基本的には
出入り自由だと思うんですが
結構朝早かったですし
もしかしたら迷惑かもしれないので
中までは入らずに退散

ということでこんな感じ

その土地々々で色々な歴史があって
興味深いですね

今回も勉強になりました

ではまた!!

場所

タイトルとURLをコピーしました