日本一周 高知 愛媛 透明度抜群の柏島ビーチとニッコリ笑えば紫電改展示館

Zackey98です

もう数年前から新年の挨拶は
煩わしい紙の年賀状を止めて
SNSやメッセージアプリのみで
済ませていたのですが

ついに僕の元へも年賀ハガキが
届かなくなりました

以前は社交辞令程度の物が
職場の人達から来ていましたが
まぁ辞職したんで
送らなくなったんでしょうね

親しい人とはメッセージで
十分なのでやっと開放されました

快挙です

柏島ビーチ

海が綺麗だと話題になっていた
柏島ビーチへ行ってみました

透明度抜群です

羨ましいですね
こんな綺麗な海水浴場があって

穫れる魚も美味しそうです

良い感じの場所で写真撮りたいなーと
思ってしばらく車で回ったんですが
海水浴シーズンのみ有料になっている
駐車場位しか車を置ける場所がなく

長居をするつもりも無かったので
道路脇に車を停めて
サッと写真を撮って帰りました

四国の南端にあって
アクセスが良くないので
観光で来るには向かないですね

それが逆に良さとも言えるんでしょうけど
高知市から片道3時間以上かかります

あとなぜかこの辺は
異常に燃料高かったです

他と比べて1リットルあたり30円位
高かったんじゃないかな

正直なところ僕は海外で
もっと綺麗な海を見てきてしまったので
そこまで感動が無かったのですが
海水浴など興味のある方は行ってみては

紫電改展示館

ビーチから北上し愛媛県に入り
興味のあった紫電改展示館へ

小ぢんまりした建物で入場無料です

入るとドーンと紫電改

日本軍の傑作機です

名前が良いですよね
紫電だけでもカッコいいのに”改”

男心をくすぐります

戦争末期に投入された最新鋭ですが
日本は既に大量生産する余力が無く
配備されたのは少数でした

すぐ近くの久良湾で
引き揚げられた機体です

完全復元では無く多少の補修と
腐食防止の塗装程度ですかね

錆で空いた穴や海上に不時着した際に
水圧でひん曲がったペラが
そのままになっています

個人的には完全復元すると
模型と変わらないので
これで良いと思いますね

紫電改は機体の性能が高く
剣部隊というエリート集団の
優秀なパイロットが優先的に
搭乗し活躍しましたが時すでに遅し

大戦末期で敗色濃厚の最中にあり
命を落とす青年達もいました

「ニッコリ笑へば必ず墜す」

これは同隊にいて撃墜王であった
杉田庄一少尉の座右の銘だそう

高校生野球で甲子園のマウンドで笑う
ピッチャーみたいなもんですかね

基地近くにあり交流の深かった
食堂の女将さんと近所の女学生に
紫色のマフラーをプレゼントされ
トレードマークとなっています

紫電なので紫にしたんでしょうね

寄贈者の笠井さんは戦死せずに
終戦を迎えています

仕様の説明や引き揚げ当時の写真など
小さい展示館ですが資料が豊富です

こんな知識も

大きい弾使えばいいじゃんと思いますが
重くてかさばるので弾数が減ったり
色々問題があるんでしょうね

この展示館は入場無料ですが
紫のマフラーやTシャツ等
お土産品が色々売っていたので
購入すると寄付になるかと思います

海軍精神注入棒という
お仕置き用の木の棒があって
面白いので少し欲しかったのですが
まだ日本一周の道中長いということで
荷物になるので止めときました

というわけで勉強になったので
興味のある方は行ってみて下さい

今日はこんな感じで

ではまた!!

場所

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知

タイトルとURLをコピーしました