日本一周 まるで死後の世界 青森県の恐山菩提寺

ども Zackey98です

やっと梅雨が終わりそうですね

家のない生活なので雨は大敵です
かと言って暑いのも嫌だ

寒いのも嫌い

花粉が飛ぶ前の春が一番好きです

青森県下北半島 霊場 恐山

いよいよ日本一周編スタートです!!

まずは青森県内から攻めます

かねてから行きたかった恐山

イタコの口寄せが有名ですが
お祭り時期にしかいません

入山料500円

立派な門構え

本社

境内がとても広くて
グルっと周ることが出来ます

火山性ガスの吹き出る岩場は火気厳禁

賽銭のお金がガスに反応して
青黒くなってました

辺り一帯は死後の世界に見立てられ
賽の河原や三途の川
極楽浜等の名称が付けられています

賽の河原の石積み

親より先に亡くなった子は
賽の河原で石を積み仏塔を造ります

完成しそうになると
鬼に崩されるアレです

極楽浜

典型的なカルデラ湖

とてもキレイな景色でまさに極楽

水も澄んでいます

参拝者が他に数名しかおらず
静寂の中1人で頑張って歩いていると

本当に死後の世界って
こういう孤独でなんにも無い場所を
延々と彷徨うのかもしれない
と錯覚してしまいます

色んな地獄があります

金の亡者が落ちる金堀地獄
死んで使い道の無い金を求めて掘り続ける

外にあった三途の川

奪衣婆(だつえば)と懸衣翁(けんえおう)

地獄に落ちると
奪衣婆に衣服を剥ぎ取られ
懸衣翁がその服を木に懸け
枝のしなりで罪の重さを量る

これも外にあった六大地蔵

6つの世界で生まれ変わりを繰り返す
六道輪廻の中で苦しみから
救ってくれるらしい

温泉

恐山は境内にある温泉にも入れてお得です

混浴と男湯、女湯があります

男湯が何かの検査をしていたので
止む無く混浴へ行きましたが
宿坊の裏手にあり
誰も行かない場所なので貸切でした

洗い場は無いので浸かるだけ

硫黄等の成分が超強いようで
数分しか入っちゃダメみたいです

近くでボコボコ湧いてて
硫黄臭がキツく漂っています

この表現が良いのか分かりませんが
これで500円は大満足の内容でした

アクセスは相当悪くて
周りには何もないので
これを目当てに来ないと
来られない場所ですが

日本一周
とても良い出だしとなりました

まだまだ続きます

ではまた!!

場所と値段

入山料 大人1人500円

ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

  1. 以前、「もう、結構です」と言って、イタコに料金を支払って帰った方を見ました。
    当たったのか、当たらなかったのか・・・
    複雑な思いで、我々の順番がやってきました。
    絶対に誘導尋問には乗らないと誓いましたが、何だか目の前にいるようで・・・
    不思議な世界です。
    逆の立場になった時、ここで、この方法でしか、通信が出来ないとしたら・・・

  2. 外れていたのか当たりすぎていて辛くなったのか…どうなんでしょう。
    神様や死後の世界も本当にあるかどうかは分かりませんが、
    信じていた方が目の当たりにした時に焦らずに済むと思います。
    信じることに損がないなら信じた方がお得です。

  3. 恐山っていわゆるただの山なんだと思っていました。
    菩提寺がまるっと管理してるんですね。

    賽の河原のイメージしかありませんでしたが、
    おっしゃるように、こういう表現が良いのか分かりませんが、
    面白い内容でした!

  4. 山としての恐山と寺である恐山菩提寺ってのがどちらも恐山と呼ばれているので混同してしまいますよね。
    楽しんで頂けてありがたいです!

タイトルとURLをコピーしました