雪で良い感じになった大倉山展望台とオリンピックミュージアム

Zackey98です

今年も残すところあと僅か

仕事納めした方も多いようで
街は年末の様相です

買い物のため歩いていたら
屋外で臼と杵を使って
元気に餅つきしている
家庭があって雪に閉ざされる
青森では見ない風景でした

ただ実家では年代物の
電動餅つきマシーンが活躍していて
その挙動が面白いので
それはそれで年末の風物詩でしたね

大倉山展望台

札幌旅行2日目

この日はレンタカーを予約してました

しかし生憎の大寒波で大雪

レンタカー会社の人にも福岡在住の
旅行者ということで心配されましたが
青森出身だと言うと
じゃあ大丈夫と送り出されます

まず行ったのは大倉山展望台

当日の寒波のおかげで
雪に覆われたラージヒルを見られました

現在は終了していますが
札幌市のキャンペーンで
普段は有料の人気観光地が
いくつも無料になっていました

札幌は観光客の減少が
相当堪えてるはずなので
一足早くこういうことをしたのでしょう

リフト乗り場に係の人がたくさんいて
乗り降りの仕方を懇切丁寧に教えてました

僕は慣れたものですが
結構事故りますからね

動き続けるリフトと地面に変に挟まれると
金属のスキーストックでも簡単に折れます

スキーやスノーボード経験者には
分かるでしょうけど
横から見てこの角度は
上から見たら断崖絶壁と同じ

上まで登るとこの大雪で
遠くまでは見晴らせませんでしたが
冬らしくて十分良い景色です

校外学習だったのか
ちびっ子達が大量にいたものの
動向を見て上手くかわしました

本格的な冬に備えて
ジャンプ台の整備も進められています

札幌冬季オリンピックは1972年に
開催されたわけですが
実は1940年にも開催地として
決定していたものの
日中戦争があり開催権を返上しています

有色人種国家で初の開催ということで
白人至上主義と敗戦を物ともしない
戦後日本の復興ぶりが伺えます

オリンピックミュージアム

少し場所を変え同敷地内にある
オリンピックミュージアム

正直あまりスポーツ観戦に興味がないので
さーっと流してしまったのですが

古い所蔵品も多く
オリンピックの歴史も学ぶことの出来る
良い施設でした

皇族が視察に来た際に
札幌でオリンピックをやりたくて
この大シャンツェ(ラージヒル)を
整備させたようですね

当時はドイツと仲良しだったので
ジャンプ台のことをドイツ語で
シャンツェと言ってたようです

体験型のアトラクション的なものも
たくさんあって
堅苦しい博物館ってわけでもなく
老若男女分かりやすくしているような
雰囲気が垣間見えました

先日 全日本選手権を優勝した
羽生結弦選手や
浅田真央選手のジャージなんかもあり
最近のファンでも楽しめそうでした

北海道ってやっぱり敷地が広くて
ちょっとくらい混雑してても
ゆったり見られるのが良いですよね

良い場所でした

今日はこんな感じで

ではまたー

場所

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知

タイトルとURLをコピーしました