日本一周 山形 巨大なクラゲ水槽のある加茂水族館

Zackey98です

なぜかここ数年で字が
上手になった気がします

元々そんなに字が上手い方では
ないですけど自分の名前を書くのは
人に見せて恥ずかしくない程度には
上達していると思います

あと昔のボールペンって左利きが使うと
カスレることが多かったんですけど
最近のものはカスレない気がします

体感なので分かりませんが
進化してるんですかね

加茂水族館

実は前回の記事で一旦
日本一周は終わっていて
地元青森へ帰っていました

今回からは日本縦断で
現在住んでいる福岡までの旅路なので
正確には日本を一周半してるのですが
便宜上日本一周とします

ということで山形の加茂水族館

クラゲ推しの水族館です

入るといきなりケセランパサラン

人に見せると効果が無くなるのに
めちゃくちゃ衆目にさらされてる

ケセランパサランって
アザミの綿毛だと思ってたんですけど
こんなしっかりした奴なんですね

まずは渓流魚

水族館って大体序盤は
日本の淡水魚ですよね
地味だからですかね

続いて大きなミズダコ

割とメジャーなタコで
刺身で売ってたりするんで
馴染みがありますけど
タコの中では最大種なんですね

最高で9.1m/272kgもあったとか

全身が筋肉で非常に力が強いので
人間が溺死させられた
事故もあるみたいです

動きが面白くてしばらく見てました

さかなクンのイラスト

100万人毎の節目に描かれてます

クラゲがたくさんいました

若返りでお馴染みのベニクラゲ

初めて生で見ましたが
めちゃくちゃ小さいんですね

成体からポリプという
イソギンチャクのような
幼体の姿に戻ることが出来る
不思議なクラゲです

触手の無いタイプのクラゲ

こういう形状の奴らは有櫛動物といって
刺胞動物である触手のあるクラゲとは
実は全くの別物で毒も無く刺しません

こいつらは絶対に刺します

クラゲが持つ刺胞と呼ばれる袋は
刺激を受けると弾けて
毒針が出てくる仕組みになっていて
死んでも機能するので
浜辺に打ち上がっているからと言って
素手で触ってはいけません

子供にも触らせないようにしましょう

メインの巨大クラゲ水槽

比較するものが無いので
大きさが分かりにくいですが
直径5mくらいあるみたいです

女の子がひっきりなしに
写真撮りに来るので
人が映らないタイミングを
狙うのが大変でした

館内は一通り終わり外へ

目の前の海は透き通っていて
かなりキレイです

海獣ゾーンへ

だらけてます

プールを見ていると
アシカが出てきました

ショーは中止になっているのですが
練習というテイで見せてるみたいです

見てる人も全然いなかったので
普通に立って写真撮ろうとしたら
スタッフに座るよう促されました

人が集まらないようにしてるだけで
ショーと同じ扱いですね

にしてもすごい筋力とバランス感覚

何百kgもある体で水槽のフチに
ヒレで逆立ちするのはヤバすぎる

海獣ゾーンも結構面白かったです

良い水族館でした

興味のある方は行ってみては

今日はこんな感じで

ではまた!!

場所

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:国内旅行

タイトルとURLをコピーしました