日本一周 島根 古代出雲歴史博物館の国宝所蔵量が半端ない

Zackey98です

普通に半袖シャツで
生活してるんですが
もうみんな長袖着てます

人によってはダウンベスト

冬はどこまで寒くなるんかなー

島根県立古代出雲歴史博物館

前回の出雲大社に引き続き
今回は隣にある歴史博物館

古の出雲大社想像模型

どの程度の高さだったか
というのは諸説あるそうですが
三内丸山遺跡のように
巨大な柱が発掘されてるので
柱で高さを出していたのは確定っぽいです

古い本

出雲風土記と日本書紀です

風土記は1300年位前の物が
かなり完本に近い状態で
残っているようです

その土地の様子や辺りに伝わる
神話などが記載されている本

発掘された銅鐸と銅剣

ほとんどが国宝です

量が凄すぎる

埋葬されていた剣を磨き直したら
ここまで復元出来たそうです

普通は錆びて腐り落ちると思うんですが
それだけ質と保存状態が
素晴らしかったのでしょう

日本刀なんかも武士の最盛期だった
鎌倉時代が最高って言いますもんね
古いからって質が悪いとは限りません

大昔の地球儀

確かに北海道のデカさって
これぐらいの感覚

中国から来た当時の大黒様

常に笑っているような形に
なったのは日本に来てからで
最初は真顔で暗い表情

中国で肩身狭かったのかな

ちなみに七福神の大黒様と
出雲大社の主祭神である
大国主は同一人物です

神様が縁結びの処理をしている絵

役所みたい

縁結びの神社とかって
よく言いますけど昔から
実際にあるんですね

なんとなく最近の後付だと思ってた

力士の集合絵

相撲は神事ですから
こういうのもあるんですね

強いのを抱えてたらしいです

雷電為右衛門くらいしか分かりません

江戸時代の超大型力士で
身長2m近く体重150kg以上

平均身長の低いこの時代に
数年前に引退した
外国人力士の把瑠都関と
同じ体格だったそうです

あまりに強すぎて
雷電関個人に対して禁じ手が
あったと言われていますがそれでも
254勝10敗と勝率9割以上の激強力士

これは長者番付ですね

日本人は昔からランキングが大好き

とこんな感じです

新しい建物でキレイで
とても見ごたえのある博物館でした

裏には出雲大社の神事で使われるという
湧き水があって自由に汲めたのですが
この日はミネラル成分が多かったのか
白濁していたので汲みませんでした

今日はここまで

ではまた!!

場所

ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました