日本一周 長崎 世界遺産の軍艦島に念願の上陸してきた

Zackey98です

モンベルのマスクを使ってます

ゴム紐が弱かったのか
よく洗ってるからなのか
ヘタってきたので交換

極上だそうです

長さも調整し付け心地UP

モンベルのマスク
高機能生地はさることながら
ゴムが交換しやすい構造で良い

ただポケットにフィルターを
入れるのが難しい

軍艦島

長崎へ来たということで
かねてより行きたかった軍艦島へ

長崎といえば出島があって
鎖国状態の日本で
貿易が許されていた港の一つ

ということで蒸気船で…

はなく奥にあるクルーズ船で向かいます

片道30分です

長崎港は入り江の最奥にあるので
両サイドに色々あって飽きません

海上自衛隊のイージス艦ちょうかい

イージス艦という船の種類だと
思っている人もいるかもしれませんが
イージスシステムを積むと
元が漁船だとしてもイージス艦です

三菱重工の100万トンドック

その名の通りクレーンの
合計吊り上げ能力が
100万トン以上あるという
世界最大級の造船所

写真だとサイズ感が分かりづらいですが
三菱のロゴマーク部分だけで
テニスコートほどのサイズがあるとか

豪華客船を建造したり
護衛艦を整備したり

戦時中には超弩級戦艦の大和と同型の
武蔵もここ長崎造船所で建造されました

当時のクレーンも一部残ってるみたいです

ということでいよいよ
軍艦島に近付いてきます

正式名称は端島(はしま)

メディアか何かが軍艦島と呼び始めて
それが定着したみたいです

遠目に見ると本当に軍艦

戦時中は連合軍が島に1発
魚雷を撃ち込んだそうです

軍艦と誤認したのか
単に石炭採掘の妨害したのかは不明

徐々に全貌が明らかになってきます

最高にそそる雰囲気です

テンション上がります

そして上陸

世界遺産ではありますが
まるっと保護するわけには
行かないようで
かなり崩壊が進んでます

どれかの建物だけが世界遺産
ということではなく明治日本の
産業革命に伴う石炭産業やら何やら
全体が世界遺産認定されてるとのことです

石炭採掘に関わる施設はもちろん

学校があったりプールがあったり

神社なんかもあったみたいですね

最盛期には5000人以上も
この小さい島に人が住んでいて
日本初の鉄筋コンクリ造の
高層集合住宅も建てられ
人口密度が日本一だったとか

戦時中はもちろんですが
戦後も石炭は採掘されます

炭鉱夫たちの雇い主は三菱重工

住み込みで3食光熱費込なのかな

非常に裕福な生活をしていたようで
当時家庭に数%しか普及していなかった
テレビ・洗濯機・冷蔵庫の三種の神器が
ほぼ100%普及していたのは有名な話

採掘の関係で発電設備もありますし
エネルギー源として石炭が採れるので
電気もガンガン使えます

パチンコや映画館など
一通りの娯楽が全てあり

何となく閉鎖的なイメージがありますが
この島に閉じ込められていたわけではなく
食料やら生活用品やら色々な物を運ぶ
定期船も出ていて出入りは多かったようです

緑の少ない島で奥様方は土を運び込んで
ガーデニングのようなこともしていたとか

趣味の物を運ぶ余裕まであったわけです

上陸は決まったコースをまとまって
移動してガイドの話を聞くので
割とあっさり終わります

写真を撮る時間は
確保してくれるので
十分にあります

ということでまた船に乗り込み
帰りがてら島の周りをぐるっと一周

どこに炭鉱が?と思うかもしれませんが
分かりやすく山になっているわけではなく
海底に石炭の層があるんですね

最大で地下1km以上もある深いところに
エレベーターのような物に乗って出勤します

出てくると鉱夫達は全員ドロドロで
汚れ落としのプールは
常に真っ黒だったそうです

そしてやがてエネルギーの主力は
石油へと変わり軍艦島は無用とされ
現在のような状況になるわけですね

場所が場所なので台風の影響を受けやすく
木造の建物はほぼ崩れていて
コンクリートやレンガの建物も
刻一刻と崩壊が進み
いつ崩れ落ちるかも分からないので
見たい方はお早めにどうぞ

ということで非常に有意義で
貴重な体験が出来ました

船に乗るのも楽しかったですし
天気も良くて気持ち良かったです

船から長崎の街を眺めましたけど
交易していたからなのか
ポルトガルを思い出しました

山の斜面に建物が建っていて
坂が多いところとか似てますし
長崎名物のカステラは
ポルトガル菓子ですしね

ちなみにポルトガルで
カステラは見ませんでしたが…

街の雰囲気も結構好きでしたし
長崎は観光にオススメですね

今日はこんな感じで

ではまた!!

場所

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:国内旅行

タイトルとURLをコピーしました