日本一周 新潟 東西を分かつフォッサマグナのミュージアム

Zackey98です

九州最大の博多駅から2駅の
超好立地にある福岡空港

滑走路が1本だけなので
滑走路あたりの飛行機の離発着が
国内最多らしいのですが

向きと距離が丁度良くて
今住んでいる部屋のトイレから
空の彼方へと飛んでいく飛行機が

ベランダからは着陸前の飛行機が
ビルの間に見えるので
結構気に入ってます

フォッサマグナミュージアム

新潟県のフォッサマグナミュージアム

フォッサマグナは学校で
習ったと思いますが
東日本と西日本を分ける
飛騨山脈あたりの名称です

ラテン語で大きな溝という意味で
その名の通り大昔は海でした

線だと思ってる人がいそうですが
帯状のエリアです

博物館の主な内容については
周囲の地層から見つかった
鉱石や化石などの展示ですね

新潟では品質の良い
翡翠が採れるみたいです

採掘は禁止されてますが
海岸等に打ち上げられたものを
拾うのはオッケーだとか

3億年前を再現したジオラマ

気持ち悪いです

巨大モニターの映像展示

地球誕生からどうやって
今の日本の形になったか

みたいな話をしていた気がします

他のお客さんが数人だったので
貸し切りで聞いてました

ナウマンゾウの臼歯

ナウマン博士という
地質学者が名付け親です

明治政府がドイツから招いて
日本初の本格的な地図作りと
地質調査をしました

有名な伊能忠敬さんは
海沿いを歩いて地図を作ったので
当時は輪郭しか無かったんですね

メガロドンの歯

アメリカと書いてますが
結構海外の物も展示されてました

この辺りでは天然ガスも採取されるよう

日本でも石油やガスが
少しは採れることを知っていましたが
実用されてる場所もあったんですね

電線の様に空中を通すのも驚き

化石です

最後の方はほぼ海外の物でしたかね

金属になったアンモナイト

炭素を超圧縮すると
ダイヤモンドになるように
生物の殻でも成分によっては
金属化してしまいます

アンモナイトってイメージするのは
カタツムリのような
殻を持った生物ですが

なぜかある時を境に巻き方が
変になっていくんですよね

しかも1匹だけの奇形とかでは無く
種としてある程度の数がいます

ニッポニテスと見えますが
これは日本近海で見つかった奴です

絶対泳ぎにくいと思うのですが
何があったんでしょう

大型の生物が増えて
食べられにくいよう機動力よりも
防御力を重視したんですかね

全体的に展示数が多いです

かなりお金掛かってます

隕石もありました

本当にお金ありますね

元素周期表ありました

イメージ写真があるので
分かりやすいです

思えば僕の学生時代の教科書は
表と文字だけが並んだ
暗記のために作られたような
何の意味もない表でしたね

というところで終了です

展示物は多かったですが
内容的には結構難しいですね

楽しめる人と楽しめない人が
ハッキリ別れそうな場所でした

興味のある方は行ってみては

今日はこんな感じで

ではまた!!

場所

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:国内旅行

タイトルとURLをコピーしました