アメリカ エルパソの博物館と美術館

ども Zackey98です

ちょっとやることが多くて
更新の間が空いてしまいました

今なおアメリカの記事書いてますが
アイルランドへ戻りロシア大使館で
無事に観光ビザを取得しました

それからフランスのカルカソンヌへ飛び
その日の内にスペインのバルセロナへ移動
現在はそこから更に移動し
マドリッドに滞在中です

流石に疲れているのか
ホテルの予約を間違えたり
ロッカーで鍵を閉じ込めたり
最近はミス連発です

まあでも人間としての経験値貯まってます

帰国までなんとか頑張りましょう

El Paso Museum of History

ヒューストンからダラスへ戻り
そこからまたバスで長距離移動

メキシコとの国境の街エルパソに到着

サンシティと呼ばれるくらい
年間の日照時間が長く雨が少ない街で
到着した日も雲一つない快晴でした

また以前からブログで不安を口にしましたが
川を挟んだ対岸にあるシウダードフアレスは
戦争地域以外で世界一治安の悪い街

理由は主に麻薬関連で
マフィアと国の衝突です

僕も以前何かの記事で見ただけですが
メキシコのマフィアは豊富な資金で
最新の銃火器を揃えていたり
軍の特殊部隊を引き抜いたりしている
プロ中のプロのエリート犯罪集団です

まあそういうわけでなるべく
この街には滞在したく無かったのですが
ルート上どうしても一泊しなければ
ならなかったので様子を見ながら
日の高い内に観光してみました

まずはエルパソの歴史博物館

エルパソは元々メキシコの領土だった
ところを資源が豊富だということで
アメリカが買い取ったらしいです

エルパソってスペイン語感がありますもんね

馬車の路駐

テキサス州ということですが
メキシコ色が残っている部分が多く
スペイン語を話す人ばっかり
むしろアメリカ感があまり無いです

街の博物館ですが
貴重そうな勲章やなんかが
山ほどありました

El Paso Museum of Art

続いてエルパソ美術館

ファイナルファンタジーに出てくる
ベヒーモスみたいな牛で
畑を耕す強そうなおじいちゃん

どこか展示物もメキシコ感

アメリカの西部劇でも
ソンブレロかぶったメキシカンが
陽気にマラカス鳴らしてますもんね

とりあえず僕の見た限りでは
思ったほど治安は悪くなさそうです
というかアメリカの他の街に比べて
そもそも人が少ないです

観光する場所もあまりありませんし
アメリカ人もわざわざ来ないんでしょう

2019年にスーパーで銃の乱射事件が
あって大勢亡くなってますしね

以前も言いましたがアメリカの
怖いところって普通の日常に
銃が潜んでるところですよね

なんかこう気が抜けないというか
変な人も多いし疲れます

ネイティブアメリカンのゆるキャラ

現代アートのスペース

第一次世界大戦の頃のポスター

戦争していても食料廃棄しないように
呼びかけてるとは流石アメリカ

ネイティブアメリカンとアメリカ人の対比

ということでエルパソはこんなもんです
さっさと買い物して宿に引き篭もりました

エルパソ仕様のミラーライト

アメリカサイズの約750ml

疲れてるのに中々の
長文を書いてしまった
さっさと横になります

ではまた!!

場所と値段

どちらも無料
スーツケースも預かってくれます

ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました