マルタ ラバトの地下墳墓のダンジョン感

ども Zackey98です

いよいよアメリカに到着しました

ニューヨークとワシントンDCの中間にある
フィラデルフィアに滞在します

ここにした理由はどちらも
宿泊費が死ぬほど高いからです

スーパーにも行きましたが
物価もめちゃくちゃ高いです

にしてもアメリカに入国するの大変でした

あの人が一番厳しそうだな〜と思ってた
入国審査官のレーンに見事にヒットして
ベルギーに続き2度目の別室行き

2ヶ月以上も滞在するとなると
こんなにいて何をするんだとか
長くいるのに荷物はこれだけかとか
色々と調べられたのですが
当然やましい理由は無いので
何とか開放されました

観光なら1日あったら十分だろという
圧迫面接的な謎の攻撃もありました

じゃあ全員3日位しかいられないじゃん

というか簡単な電子ビザだけで3ヶ月まで
滞在出来るという設定をしてるのは
アメリカ側なのになんでただの旅行で
こっちのせいみたいになるんですかね

犯罪予防とか色々理由が
あるのは分かりますが
そのやり方にモヤモヤ感が残りました




St Paul’s Catacombs

ということでアメリカには着いたのですが
まだマルタネタが残ってるので
もう少しだけマルタ編です

エムディーナという昔の首都の
隣にあるラバトという地区で
一度見てみたかった
地下墳墓を見学してきました

どこかで聞いたことがある
カタコンベというワード

地下にあるお墓のことです

こんな感じで地下に入っていきます

まずは少し広いスペース

ここから色々な方向に分岐しています

迷路のような雰囲気

こんなに広いと思いませんでした

今は電気と足場がしっかりありますが
大昔は松明とかで足場が悪い中を
進んだんでしょうね

ましてや死者が眠っている場所

めちゃくちゃ怖そう

明るくても迷いそうでしたが
ここまで古いと不思議と怖く無いです

寝てたんだろうなという所

こんな場所が手掘りで
今もしっかりしてるんだから凄い

地震が無いってのも大きいですね

閉まる1時間前に行ったので
あんまり人もいなくて不気味です

地上はこんな感じで
入口もたくさんあって
それぞれ違うお墓になってます

RPGゲームのダンジョンみたい

謎の石板

おまけ

後日野良ダンジョンも発見しました

水に阻まれてストーリー後半じゃないと
入れないタイプのダンジョン

散歩してたらたまたま見つけたのですが
これもお墓なのかな??

そういえばマルタでは地上に
お墓を見かけませんでしたが
その辺の事情どうなってるんだろう

僕は幽霊とか宇宙人とか
いたら不思議で楽しいので
信じてるタイプなんですけど
幽霊は寿命が500年くらい
じゃないかなと思ってるんですよ

戦国時代の落ち武者とか
戦争で死んだ人の霊とかの
話はよくありますけど
縄文人とか平安貴族の霊の
話って無いじゃないですか

不遇な死に方した人は
いっぱいいるはずなのに

だから何となくこの場所も
怖さを感じなかったのかなと

500年後に現代人の霊を
見た人は怖がりますかね

コンビニで買い物したり
カラオケ歌ったりしてる霊

どうなってるのか想像も付かないな

人って今を生きるしかないんだな

ではまた!!

ブロトピ:ブログ更新しました♪
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!