アメリカ ワシントンD.C.の国立航空宇宙博物館を見る!!

ども Zackey98です

早いもんで2月ですね

ナッシュビルからダラスへ
夜行バスに乗ってきましたが
夜中の3時頃にバスが低速で
走ってることに気が付き
様子を見ているとハイウェイ上で停止

運転手が全く何も説明しないまま
電話をし始めたので車内は不穏な雰囲気に

ようやく口を開いたと思ったら
バスが故障したけど代わりの車両が
9時頃まで来ないとのこと

ちなみに到着予定時刻は朝6時半でしたが
結局11時頃に目的地へ到着しました

初めて生で金返せを聞きました

しかし運行規定で気象や車両の都合では
返金出来ないということでした

僕はむしろ早朝に着いて
どうしようと思ってたくらい
だったので良かったですが
18時間位バスの中にいて尻が死にました

疲れました




Smithsonian National Air and Space Museum

時を戻そう

ワシントンD.C.でスミソニアン博物館を
いくつか回ってきました

まず最初に行ったのが絶賛工事中の
国立航空宇宙博物館

外壁がひっぺがされてたので
やってるのかと思いましたが
ちゃんとやっていました

スミソニアン博物館って
聞いた事があると思いますが
スミソニアン学術協会が運営している
博物館群の総称です

なんとこの協会が運営している
10棟くらいの博物館は全て入場無料

荷物検査だけされて入場します

まず目に入るのはアポロ月着陸船

恐らく実寸大でしょうね

でかい

円錐型の司令船

帰ってきた時に海に落ちる奴です

エントランスを上から見た様子

少し奥へ進むと

天才フォンブラウンが開発したV2ロケット

元はドイツの報復兵器ですが
ロケットエンジンの開発無くして
宇宙へは行けませんでした

フォンブラウンは戦争中にも関わらず
月へ行くための方法を模索したため
秘密警察ゲシュタポに国家反逆罪で
一度逮捕されています

生粋の科学者だったんですね

その後アメリカへ亡命し
宇宙開発に関わっています

最後のアポロ宇宙船

アポロとソユーズの共同計画により
冷戦期の宇宙開発競争は終わりを迎えます

ハッブル宇宙望遠鏡

内部の鏡に調整ミスがあって
わずか0.002mmの歪みで
設計時の性能の5%しか
出せなかったのは有名な話

その後に宇宙飛行士たちが
修理ミッションを行い
それを見事成功させ
大幅な性能向上を果たしました

解像度が劇的に変化しています

この辺りの引きの画

宇宙服

宇宙服2

別のブースでは
スペースシャトルについてや
ロケット発射時の映像が流れていました

ロケットエンジン

噴気孔

こんなに小さい穴から
あんなに派手に炎が吹き出すんだ

今は亡きスペースシャトル

上階へ行くとライト兄弟ゾーン

自転車屋を経営しながら
飛行機を開発しました

前後逆みたいな形

4気筒エンジン

フライアーかライアーか

オシャレ

他にも測量の歴史なんかもありました

近々カメラとセンサーとGPSを使って
自動運転の時代がやってきますね

日本の国旗があると嬉しくなりますね

当時世界最高性能を誇った
川西飛行機の二式大艇

と言った感じで
これが無料でいいのかってくらい
大ボリュームで時間が足りませんでした

もっとワシントンD.C.に
滞在したかったですね

次回もスミソニアン博物館編です

ではまた!!

ハッブル宇宙望遠鏡 25年の軌跡 (小学館クリエイティブ単行本) [ 沼澤茂美 ]
created by Rinker
場所と値段

無料

ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!