青森市「恵比須屋」で超クールな津軽塗ゲット

こんばんは
Zackey98です

最近映画をめっちゃ見てます

見たい映画はたくさんあるんですが
一度見始めると長時間拘束される上に
手持ち無沙汰な感じがするのが嫌で
再生ボタンを押すところまで
長いことたどり着けなかったんですが

最近なぜだか色々観れてます
理由は分かりません
急に成長しました

直近で観たのが
「南極料理人」と「グラントリノ」

全然ジャンルが違う二作ですが
アマゾンプライムで観られて
評価が高かったのでとりあえず

感想はなんぼでも転がってるんで省きますが
映画ってやっぱりいいですね

知識やネタが身に付くのが嬉しい
TVと違って1年後でも大体内容覚えてますし

なんでTV番組の内容って3日もしたら
忘れちゃうんでしょうね
僕がテレビを見なくなった理由の一つです

誰か答え知ってたら教えて下さい

1/25 76 フォード グラントリノ プラモデル[ハセガワ]《取り寄せ※暫定》

価格:3,400円
(2018/3/20 19:37時点)




津軽塗販売店「恵比須屋」

ちょっと運動がてら歩いて町まで

家で使う自分用の箸が無かったので
良いの欲しいな~と思ってたんですが
折角津軽に住んでるので津軽塗で
攻めてみるか~と思い
検索でヒットした恵比須屋さんまで

色々な方に申し訳ないんですが
実は今まで津軽塗って苦手だったんですよね

一番ベタな模様の黒地に緑と赤の
唐塗ってのが個人的に不気味というか
ゾワゾワする色合いでして

身近に使ってる人はちょこちょこいましたが
あまり触れてきませんでした

絶対に無理!!とか
明確な理由があるわけではなくて
なんとな~くの生理的嫌悪感というのか
それだけなんですけどね

ただ意を決してお店を訪ねてみて驚き

めっちゃ色々模様ある!!

津軽塗の技法としては
唐塗、七々子塗、紋紗塗、錦塗
という4種類があるのですが
これらの2種類組み合わせたりとか
そういうことも出来るらしい

それで今回購入したのがこちら

唐塗の模様に紋紗塗で仕上げたお箸

黒地に光沢の無い金っぽい色の模様
地の色は黒となっているのですが
実物は物凄く深~い青のように見える

迷彩模様みたいでカッコエエ~

表面は紋紗塗の特徴で
艶消しのザラザラとした感触
これが滑り止めのようにも機能するので
掴んだものも滑らない

他にも箸だけで10種類位あったかなあ
模様も色も大きさも多種多様

店員の方もとても親切に接してくれて
それぞれの塗りの特徴やら手入れ方法やら
丁寧に説明して頂きました

津軽塗は漆器の中でも
耐久性に優れているらしく
上手に手入れすると10年使っても
塗りが剥げないってのもポイント高し

ちなみに店員さんと話すのが苦手な方も
購入すると上記プラス津軽塗の歴史などが
載った小さい冊子も貰えるのでご安心を

ということで津軽塗の苦手意識克服!!
やっぱり地元の伝統技法ですしね
食わず嫌いはいけませんでした

なんなら七々子塗という小さな水玉模様が
入ったものも少し気になってしまいました

恵比須屋さんは公式HPから
オンラインで購入も出来るので
気になった方は覗いてみて下さ~い

恵比須屋(えびすや)は津軽塗[津軽塗り](唐塗り、七々子塗、紋紗塗、錦塗)を本場青森から全国に通販している津軽塗専門店です。オリジナルの携帯箸、箸、お椀などを取り扱っています。

ではまた!!

津軽塗 高級夫婦箸 呂大・赤中 桐箱入

価格:6,480円
(2018/3/20 19:09時点)

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました♪
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知