函館 広大な蔦屋書店と花の湯

Zackey98です~

さてさて函館旅行最終章

最後は北海道ならではの
広大な土地を利用した
巨大なTSUTAYAと温泉の紹介です




函館蔦屋書店

ということで前回の六花亭から
更に自転車を漕いで北上

函館蔦屋書店さんへ



出典:グッドデザイン賞

表記は漢字ですけど
おなじみのTSUTAYAさんです

中はもうめちゃめちゃ広い!!

先の記事に書いた
無印良品の比じゃない

中にはカルディやらスタバやら
ノースフェイスやらが
ちょろちょろと入っていて
ゲームやCDもあるものの

建物内ほとんどの棚が書籍で
膨大な数が置いてある

僕は本に関しては何かのキッカケで
これ読みたいなーと思ったものを
ピンポイントで買うことしかしませんが

こういう場所があれば
全く知らなかった本に
いくらでも出会えますもんね

しかもこの時はアウトドア特集みたいのが
開催されていて本の近くに
アウトドアグッズも一緒に展示されてました

角型の七輪で凄い良いのがあって
かなーり欲しかったんですが
流石に持ち帰れないので諦めました

あとサバイバルの本も
良さ気なのがありましたが
カバンがもうマジで全く何も入らないくらい
パンパンだったので帰りの船で読む本すら
買えませんでした

七輪が持ち帰れないとか
そういうレベルじゃない

松前桜の生木が
展示されていて一足早いお花見
品種としては
南殿(なでん)と関山(かんざん)
というそうです

冷やかしに冷やかしたところで
次へ向かいます

天然温泉 湯元 花の湯

ってことで函館旅行ラスト
温泉に入って疲れを癒やします

さらにさらに北上

建物の前に源泉がボコボコ湧いてる
祠的な物がありました

こういうギミックのあるもの大好き



出典:花の湯

建物は新しいのか外も中もかなりキレイ
常に掃除のおばちゃんがいて
館内はかなり清潔に保たれている

入湯料は440円

露天風呂の意匠が違うそうで
男湯女湯は日替わり

行った時は洋風露天でした

フェリーまではまだ時間があったので
ゆっくり暖まることが出来ました

脱衣所にあった低温殺菌の牛乳が
めちゃくちゃ濃くておいしかった

生クリームみたいなのが
瓶に付くくらい濃かった

最後まで北海道を感じながら
今回の函館旅行は終了~

また気が向いた時に
ふらっと行きますかっ

友達に頼まれて帰りもラッピ

満喫!!

ではまた!!

ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑良い記事、写真だなぁと思ったら
クリックお願いしま~す。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする